一般財団法人 岩手教職員互助会
お問い合わせ HOME
互助会員でなくなったとき
 互助会員で公立学校共済組合に加入していた方が、『退職したとき(死亡したときを含む)』、『他県の公立学校へ転出したとき』、『他の共済組合へ転出したとき』の理由により公立学校共済組合の資格を喪失したときは、互助会員の資格も同時に喪失しますので、生きがい対策支援助成金等の請求書を提出してください。
 ただし、公立学校共済組合から附属小(幼)・附属中・附属特別支援学校へ転出したときは、互助会の資格は継続しますので、文部科学省共済組合へ提出した組合員資格取得届の写しを提出してください。この場合は、生きがい対策支援助成金等の請求書の提出は不要となります。
 また、文部科学省共済組合(附属小(幼)・附属中・附属特別支援学校)・政府管掌健康保険・日生協健保組合に加入していた方が、退職により会員の資格を喪失した場合は、生きがい対策支援助成金等の請求書を提出するとともに「互助会員異動報告書(退職)」に各保険組合に提出した退会に係る申請書の写しを添付してください。

・生きがい対策支援助成金の請求
 6か月以上会員であった方が退会したとき、退職後の生きがいづくり支援のために、助成金を給付します。
 生きがい対策支援助成金の額の算定
 (1)8,500円×会員年数(入会〜平成24年度)
 (2)3,000円×会員年数(平成25年度〜)
  (1)+(2)=給付額
  ※千円未満の端数は切り捨てます。

・積立給付金
 互助会加入時から、昭和46年3月までは毎月100円、昭和46年4月から平成25年3月まで毎月200円の積立となっています。
 会員が退会したときは、積立てた額が支給されます。
 ※平成25年4月以降積立てはしていません。

・退職慰労記念品費
 会員が退会したときは、互助会加入時から平成24年度末までの会員年数に応じて旅行券が交付されます。
 ※平成25年4月以降の互助会加入者への給付はありません。

会員年数
1年以上10年未満の場合  20,000円
10年以上20年未満の場合  40,000円
20年以上30年未満の場合  60,000円
30年以上の場合  80,000円
死亡退会の場合は香典料(50,000円)が遺族に支給されます。

《提出書類》
生きがい対策支援助成金・特別弔慰積立給付金・退職慰労記念品費 請求書(様式第112号
※平成25年4月1日以降に互助会へ加入された方が退会するときは、会員期間が6ヵ月以上ある場合に提出してください。

PAGE TOP